So-net無料ブログ作成
検索選択

砲金とは、なんぞや? [一般的な種類と性質]

■ 砲金とは、なんぞや?


非鉄金属とは、鉄のあらざる金属のことです。

種類はまさに多岐に渡るのですが、よく知られているのは、アルミニウムやステンレスではないでしょうか?
恥ずかしい話しですが、私の知識はその程度でした。

でも実際「鉄以外」と言うからには、鉄・鉄鋼以外のすべてです。世の中で使用っされている総量や埋蔵量ではなく、「種類」なのですから、世の中の99以上の金属が該当することがわかります。ニッケルとか、亜鉛も、鉄ではないので非鉄金属。金や銀も非鉄金属です。

前書きはこれくらいにして、このページでは「砲金」について説明しましょう。
個人的にな間違いを最初に言っておきますが、私は「砲金」という文字から、金、つまりゴールドを包んで加工する仕事だと思ってました。近状に「○○砲金」という小さな加工会社があったので、勝手にそのような推測をしていたのです。

実際、砲金というのは、金属の種類のひとつにあたります。
銅と錫(すず)、または銅と錫と亜鉛との合金で、さびにくい性質をもってます。やや赤みのある金属ですが、胴と比べれば黄色に近い色合いをしてます。

鋳造・加工が容易なため、機械器具・日用品・工芸品などに広く用いられ、現代では優れた耐食性や強度などを持つことから、バルブや歯車などの機械部品などに鋳造品として多用されています。

もうひとつ。

胴の合金なのに、なぜ「砲金」と呼ばれるのか?
これは英語のGUNMETAL(ガンメタル)を和訳した影響と言われてます。古くから砲金は大砲をつくる材料として使われた歴史があります。ガンをつくる金属だから、ガンメタルなのです。

さらに面白いことに、砲金は青銅とも呼ばれてます。「ガンメタル」と呼ばれたころは、錫(Sn)の量は10%前後で、青みがかった色合いだったそうです。ドラクエなどのRPGに登場する「青銅武器」は初期のころに入手されることから、弱い武器と思われがりです。でも実際は大砲が作れるほど頑丈であって、青銅合金・青銅鋳物の差こそあれ、ある程度加工ができるくらいは融通の効く金属だったということです。

青銅合金とは少々異なる成分、材質を持つことになりますが、青銅としては、鋳造性のよさや耐圧性、耐食性が良好な材料です。表面の鋳肌も美しいという特徴を持ちます。


nice!(0) 
共通テーマ:地域

リサイクルの流れ [廃品の処分]


■ リサイクルの流れ

一般的なリサイクルは、どのように行われているのでしょうか?
たとえば、冷蔵庫や洗濯機どの家電の場合です。

購入した食器洗い機が、古くなったり、壊れて買い換えるケースを想定しましょう。このような通常の小型家電、たとえば扇風機や電子レンジ、パソコンなどは、ゴミの日に出したり巡回している廃品回収業者に渡してしまって問題ありません。

回収業者は、受け取った家電を分別会社へ持ち込みます。そこには同様な製品が集められて、分解・破砕・選別にかけられます。こうして、同じ性質をもった材料・部材ごとに分別されていきます。

分別された材料は、金属を精錬する業者に渡され工場に持ち込まれます。工場では金属を高温で溶かし、目的の材料のみを抽出します。不要な部材がついてると、精錬前に余計な手間がかかったり、金属によっては溶けずに残ってしまうことがあります。たとえば、アルミのつもりで精錬してるのに、より高温でしか溶けない鉄が混じってしまうと、炉にゴミとして残ってしまうのです。ときに故障の原因になって、分別会社に高額の請求が求められることもあります。買取時に慎重になるのは、こうしたリスクを避けるためです。

工場で取り出された金属資源は、製造メーカーなどが買い取ります。
そうして再び別の製品となって、お客様の手元に届くのです。




■ ゴミで出せない家電

特定の家電は「家電リサイクル法」によって厳密な処理法が定められています。

・家電4品目

 エアコン
 テレビ
 洗濯機・衣類乾燥機
 冷蔵庫・冷凍庫

これらは、「家電リサイクル法」によって処分の方法が定められています。販売店等でリサイクル料金を支払い、処分を依頼することになります。

知ってのとおり、リサイクル料金は、家電購入の歳に自動的に支払うことになってます。リサイクル券を渡されるはずなので、大切になくさないように保管してください。


nice!(0) 
共通テーマ:地域

非鉄金属の取扱相場 [非鉄金属]

■ 非鉄金属の取扱相場

「非鉄金属」と区分けしてますが、必ず売れるものだけを買い取るのが、スクラップ商売となります。
たいていの場合、その会社には取引先があり、売る先が買取拒否するものを引き取ったところで、持て余します。
袋ごと大量に購入した中には売れない鉄類が混じっていることも多々あるようで、敷地の隅に邪魔になっているか、鉄を集めてるてる別会社に無料で引き取ってもらうことになります。最悪、お金を払ってゴミ処分します。

つまり、なんでもかんでも引き取っているように見えても、そこには、業者間の住み分けがなされており、買い取る品は限定されているということです。

一般的には、以下のような金属・物品を買い取ります。

 銅・雑電線 ステンレス アルミ 鉛・亜鉛 錫 ニッケル
 バッテリー モーター関連 コイン・メダル ラジエーター
 給湯器・鉄・雑品等
 パソコン関連 基板 触媒
 超硬(タングステン) 銀
 その他金属


もちろん、会社によって売り捌けない物品があるので、持ち込む際には、電話で確かめるといいでしょう。廃パソコンなどは、リサイクル料金の高い物とされてますが、中古PC販売店で高く取ってくれることもあります。基盤やCPUを集めてバラバラに持っていけば、意外な価格手買ってくれる業者もあります。

給湯器などは解体して持ち込めばお金になりますが、家庭用ガス給湯器などは製品によっては鉄とステンレスが混じっており、解体に手間がかかります。それこそ業者に左右され、買取どころか、無料引取り、最悪、処分費用を請求される可能性もあります。


ちなみに、被服を剥いたきれいな銅線の場合、20173月20減算 670円/キロ で引き取ると業者がいます。高いとも安いとも言えないところです。


■ 24時間 胴相場
<img src="http://www.kitconet.com/charts/metals/base/t24_cp450x275.gif" title="24時間 胴相場" alt="画像" />


nice!(0) 
共通テーマ:地域