So-net無料ブログ作成
検索選択
非鉄金属 ブログトップ

銅という非鉄金属 [非鉄金属]

■ 銅という非鉄金属


銅(どう)。元素記号は Cuはラテン語の「cuprum」からきてます。さらにこのcuprumというのは、地中海に浮かぶキプロス島(kypros)で、この島から良質の銅が産出したことに由来するそうな。

胴の色は赤みがかった金属だと思われてますが、本来の色は赤橙。私たちが、目にしている色は空気中に曝されてせいで赤みが増した胴色なのです。古来、赤金とか銅(あかがね)と呼ばれてますが、本当はちょっと違うわけです。

銅は、柔らかくて加工がしやすい金属です。太古から自然銅として存在していて、最も初期の文明においても先史時代から使われてきたという、人類になじみの高い金属です。少なくとも1万年の歴史があるといわれいて、紀元前9000年の中東で利用されたのが初めてではないかと推測されてます。イラク北部でも紀元前8700年の銅のペンダントが出土してます。

日本でも江戸時代には精錬技術が発展していて、純度の高い銅を素銅(すあか)、不純物を多く含む銅を山銅(やまがね)と区別して使用してました。この時代の日本では、金を数パーセント混ぜた銅合金を赤銅(しゃくどう)と呼んでいたようです。

電気伝導度と熱電動も高い金属です。銀や金と共通した性質ですね。

電気の伝達率が高いことから、銅は電線の主金属です。
熱の伝導率もよいので、一部の鍋やラジエタの一部に使用されたりします。
優秀な金属なので、買い取り価格も高めです。
タグ: 非鉄金属
nice!(0) 
共通テーマ:地域

非鉄金属の取扱相場 [非鉄金属]

■ 非鉄金属の取扱相場

「非鉄金属」と区分けしてますが、必ず売れるものだけを買い取るのが、スクラップ商売となります。
たいていの場合、その会社には取引先があり、売る先が買取拒否するものを引き取ったところで、持て余します。
袋ごと大量に購入した中には売れない鉄類が混じっていることも多々あるようで、敷地の隅に邪魔になっているか、鉄を集めてるてる別会社に無料で引き取ってもらうことになります。最悪、お金を払ってゴミ処分します。

つまり、なんでもかんでも引き取っているように見えても、そこには、業者間の住み分けがなされており、買い取る品は限定されているということです。

一般的には、以下のような金属・物品を買い取ります。

 銅・雑電線 ステンレス アルミ 鉛・亜鉛 錫 ニッケル
 バッテリー モーター関連 コイン・メダル ラジエーター
 給湯器・鉄・雑品等
 パソコン関連 基板 触媒
 超硬(タングステン) 銀
 その他金属


もちろん、会社によって売り捌けない物品があるので、持ち込む際には、電話で確かめるといいでしょう。廃パソコンなどは、リサイクル料金の高い物とされてますが、中古PC販売店で高く取ってくれることもあります。基盤やCPUを集めてバラバラに持っていけば、意外な価格手買ってくれる業者もあります。

給湯器などは解体して持ち込めばお金になりますが、家庭用ガス給湯器などは製品によっては鉄とステンレスが混じっており、解体に手間がかかります。それこそ業者に左右され、買取どころか、無料引取り、最悪、処分費用を請求される可能性もあります。


ちなみに、被服を剥いたきれいな銅線の場合、20173月20減算 670円/キロ で引き取ると業者がいます。高いとも安いとも言えないところです。


■ 24時間 胴相場
<img src="http://www.kitconet.com/charts/metals/base/t24_cp450x275.gif" title="24時間 胴相場" alt="画像" />


nice!(0) 
共通テーマ:地域
非鉄金属 ブログトップ