So-net無料ブログ作成
スクラップ ブログトップ

タイヤのアルミホイールを処分料金 [スクラップ]

■ タイヤのアルミホイルを処分料金


自動車のタイヤは、外側にあたるタイヤゴムの部分と、内側のホイール部分があります。
新しくタイヤを買い換ええたり、車を変えたりしたとき、古いタイヤをどうしようかと迷ったことはないでしょうか?

ゴムの目がまだ残っていると処分が惜しくなります。
「パンクしたときの予備に使えるかも」
「誰か欲しい人がいるかも」

でも経験上、そのときに行き先が決まっていないタイヤは、二度と日の目をみることはありません。単なるゴミとして、何年も保管場所を占領するだけ。

どんな高額なタイヤであれ、いずれ邪魔になることが間違いないありません。
それどころか、高額なアルミホイルこそ、引き取り手がないものです。

古タイヤは引き取り不可となっている自治体は多いので、いざ処分しようとするとどうしたらいいか、悩みの種となります。たいていの場合、買い換えるタイミングで業者にお願いすれば、無料で引き取ってくれるので、渡してしまうのが手っ取り早い方法です。
 

ところで。

アルミタイヤはアルミニウム合金。なので、非鉄金属を扱うリサイクル会社に持ち込めば、お金になります。
無料で引き取ったタイヤ屋さんはタイヤゴムを外し、タイヤはタイヤ、ホイールほホイールで、それぞれのリサイクル業者に引き取ってもらってます。ゴム付を丸ごと買い取る業者もあります。

鉄は二束三文ですが、アルミはお金になる……まぁ、手間賃で相殺されてしまう程度でしょうけど。

「アルミって売れるよね?」

処分費用と請求されたときに、一言いってみるのも面白いかもしれません。
顔が青くなったら、けっこう儲けが出ているかもです。


アルミニウム合金は、用途別、種類が決められてますが、アルミホイールは「5000系合金」に分類されてます。


■ 5000系合金(Al-Mg系)

 非熱処理型合金
 A5052 A5056 A5083 A5454

5000系合金は、マグネシウムを添加して強度と耐食性を向上させた合金です。マグネシウム添加量の比較的少ないものは、装飾用や器物用に、多いものは構造材として使用されてます。

合金の種類が多いのが特徴です。

 中程度のマグネシウムを含有するものとしてはA5052が代表的。アルミ合金全体の中で中程度の強度を持つ最も一般的な材料です。

 A5083はマグネシウム含有量が多く、強度も優れてます。
 海水に強くて、溶接性も良いことから、船舶材料や車両、化学プラント等によく用いられています。ただし、冷間加工(溶かさない温度での加工)では経年変化が生じます。強度が落ちて伸びが増加するために、安定化処理が行われます。

 主な用途は、船舶、車両、建築用内外装、缶エンド、カメラ鏡胴、化学プラント、圧力容器、板金製品等。
 そして、アルミホイールにも使われてます。


■ 買取価格は?

アルミホイールはリサイクルされ、再び別の材料として社会に復帰します。
買取り価格ですが、1キロ200円前後と思ってください。もちろん相場の変動はあるのでタイミングによって大きく変わることもあります。

買取が200円の場合はどうでしょうか。
軽自動車のホイールでも一本あたりの重さは4キロ以上はあり、4本ならば3200円となる計算です。

自動車を購入したときの純正ホイールもピレリー社製の高性能も考慮しません。一律「キロ」で引取るというのは、悲しいものがありますが、それはそれです。



nice!(0) 
共通テーマ:地域

スクラップとは? [スクラップ]

■ スクラップとは?

非鉄金属の話をしていくのですが、アルミ缶やタイヤホイル、鉄くずなどを集めて販売する仕事のことを、一般に「スクラップ屋」または「ジャンク屋」などと呼んでます。
そこで、まず、スクラップという言葉の定義を明確にしておきたいと思います。

スクラップという言葉は、一般に、二つの意味をもっていると思います。


1 新聞や雑誌の記事などを切り抜く行為のこと
  または、その切り抜いたもの(切り抜き)のこと

ちなみに「スクラップブック」といえば、切り抜きをはりつけておく帳面や切り抜き帳のことです。

2 金属の切りくずのこと、くず鉄のこと
  また自動車などのような大きな金属製品の廃物のこと。

  ちなみに、スクラップアンドビルド(scrap and build)とは、古くなった設備を廃棄して、高能率の新鋭設備に置き換えることをいいます。進歩的ですね。


元々、「廃棄物」という意味合いのあるスクラップですが、この使い方はさらに拡大されて「ダメになった」「壊れた」という含みを持たせた言葉も定着していったようです。いっぽう、「切り抜き」方面では、集めた記事などをノートに貼っていくことから、「収集」という意味があるのが特筆できそうです。

リサイクル業界におけるスクラップは、廃品を集めて、似ているもの同士ごとに分類して販売してます。単にごちゃバラに捨てれば「ゴミ」ですが、分類と集約という付加価値をつけることで、しっかりした製品として販売できるというわけです。



■ 解体とリサイクル


リサイクル業界では、買い入れて販売しているスクラップ。いわば「商品」扱いとなってますが他の業種ではそうはなりません。たいていの場合は不用品。製造業ならば、材料を切りとって、中途半端なサイズに余った部材は、ただのゴミ。捨てるしかありません。

建築などの場合でも同様で、金属製品の廃棄物や、金属製品を作る過程で出る廃金属がスクラップです。解体工事で出るスクラップは、専門の業者が買い取りを行ってます。解体費用から買い取り分の金額が差し引かれるというのが、基本的なやり取りです。

この場合に発生する見積書は、以下のように様々なケースの記載がおこります。

 「廃棄物処分費」  買い取り分を差し引いた金額
 「お値引き」    スクラップ買い取り費用を含むケース
 「有価物買い取り」 買取金額が明記したパターン


解体工事においては、その建造物を構成していた、鉄・銅・アルミ・ステンレスなど様々な種類のスクラップが廃棄物として排出されます。解体側としては費用に絡むことなので、買取価格が気になりますね。


価格については、相場制になっていて、素材ごとにそれぞれ、その時の価格によって大きく変わります。参考になるのは世界の相場。金や銀とおなじように、鉄や、アルミや、ステンレスも市場価格が変動し、それに従う形で売買が行われます。

解体業者の中には、スクラップの収集運搬業者として開業した後で、事業を広げることによって建物の取り壊しを行なえるようになった会社も存在します。解体業者が、スクラップのリサイクルを行なっている場合や、回収業者と繋がりが深い場合は、解体費用が安く抑えられることもあります。

それでも、最終的に買い取っていくのは製品に打ち直しができる大企業およびその関係会社になるため、価格の上下はつきまとってくるのです。

そうして集められたスクラップは、圧縮・切断・破砕など様々な工程を経て精錬されてから、再び製品としてリサイクルされていきます。

当然ですが「スクラップ」と言われるモノにもランクがあります。同じ鉄やアルミといっても、まったく使用されてない新品と、10年以上使われた老朽品とでは価格も取り扱いも違ってくるのです。

鉄のスクラップを例にとると、製造業の生産段階で発生するのが「加工スクラップ」(工場発生スクラップとも呼ばれている)で、鋼構造物が老朽化、つまり使い古されたのが「老廃スクラップ」です。前者は加工されずに、そのまま製鋼メーカーへ直行しますが、後者は加工され「ヘビースクラップ」として流通されます。

錆びたり劣化したりしたモノを、再び使えるようにするにはひと手間もふた手間もかかりますし、使用用途も限られてきます。買取価格に差がつくのはやむをえないということです。

タグ:スクラップ
nice!(0) 
共通テーマ:地域
スクラップ ブログトップ